1



GPTGa9kbcAALrO9

夏の堕落セット

自身がフィールドにいる間、味方全体に〔魅了〕状態特攻状態を30%付与

汗ばむ夏の陽気の下。
口の中で冷たく甘く、とろけるアイスは堕落の味。
さらにそれが好みの味だけで二段三段と息もつかせぬ連続攻撃を繰り出してくるとなれば、抵抗なんてできるはずがありませんよねえ?
最後に残ったパリパリのコーンがまた美味しいんですよ。もぐもぐ。

喉が渇けば、そこに弾ける炭酸ジュース!
しゅわわーですよしゅわわー。
知ってます? 凄いですよねえ。どうして人間はこんなお馬鹿な飲み物が発明できるんでしょう。
しかもこんなのが夏っぽいとか……夏で弾けて飲み物でも弾けましょうってコトでしょうか。 まったく笑えますよねえ。んくんく。

ドーンと飛び出るはボリューミーなパフェ!
新鮮なフルーツにあまーいクリーム。
食べても食べても飽きが来ない味の万華鏡ですとも!
こんなの人間に耐えられるわけがありませんよね。むぐむぐ。

食べ物だけじゃなくて、可愛い浮き輪、楽しい水遊び、他にもいろいろあるけれど。
どうあれ、この魔王が用意する堕落セットの効果に疑う余地はない。なぜなら――

「うーん。やっぱり夏は堕落に最適の季節ですね。夏、
さいこう!」

……魔王本人も、その堕落からは逃れられない様子なのだから。


堕落してますねぇ
ミイラとりがミイラというか、堕落させる神様も堕落させる夏の空気ってすごい。
元々同情するくらい不運に巻き込まれてこうなった愛の神ですから、本人が心から楽めてるのであれば微笑ましい限りですね。