o
1
かつてはただ生きていたいと消えることを恐れていたのに…。
クロが見せた最後の姿は諦めの顔じゃなく、イリヤ達を勇気付ける笑顔。それは決して一人じゃ得られなかった短いながらも二人と、家族と過ごすことが出来たからこその強さ。そんな成長したクロの最期を見送ったイリヤもお姉ちゃんとしての姿を前に、大きすぎる喪失にも負けずに立ち上がる。イリヤも強くなったよ…
戦いはまだ終わっていない、泥を止めなければ。

2
止まらない泥の流出と首の無い巨人の出現
ダリウスが倒れ、クロを失っても状況は続く。徐々に泥で埋め尽くされ塗り替えられる世界は確実に滅びへと進む。泥からはこの星の神話にも登場しない未知の神話に登場する巨人が現れさらに滅びは加速していく…世界の終焉、その時へと。世界を救済する気なんて最初からなかったのだなダリウスめ…

3
久しぶりの登場の英雄王ギルガメッシュ
ヴィマーナを駆り滅びへと進む世界を眺めてもこの余裕な顔、彼はどこまで知っていたのか…。同乗する田中はこの状況を前に英雄王に何かを願う…。かつて田中はその泥を切り裂き焼き払う剣(手)を投げ込んだことがありましたが…この一手が状況を変えるものになりえるのでしょうか。

1
え、ダリ…ウス!?生きて…

4

いくらなんでも怒涛の展開過ぎる…。ダリウスは巨人になって復活し人類史の創造種に成り代わろうとし、その巨大な手で美遊を襲いさらに聖杯として食われ…世界が終わった
クロがいなくなったことに悲しんでいる所に挟まれるそれどころじゃない急展開
これで戦いが終わりどころか終わらされてしまった…最後のイラストがもはや中央にBADENDとでもつきそうな絵ですが、ここからまだ御話は続く…。
すべてが滅んだ先に一体イリヤに何が待っているのか。