1

D3nd-g2UcAI8vqR
D3nd9UpUcAARw4R


暴走するパッションリップの躍動感ありすぎて超怖すぎる
あんな爪を使って重機のように迫ってきたらそら逃げるしかないですよねぇ…
途中いつものように狂ったジルが登場しましたが轢かれて一瞬で退場させるそのパワーは並大抵ではないことが分かる。
先ほどまで戦っていた鈴鹿御前は何か覚悟を決めたかのように逃げるのをやめてパッションリップに立ち向かう(やだやっぱこの子可愛い)
パッションリップの攻撃をうまく避けながら攻撃を当てるも回復力の高さゆえに無駄に終わるなか助っ人に現れたのは…(第3再臨じゃねーか!わかってらっしゃる!)