Dn_FALiUwAA4SNp



ぐだぐだ明治維新での沖田総司のお話
先に病気で倒れたため、知らなかった近藤と土方の最後。
近藤は新撰組の盾となり、土方は一人になっても最後まで新撰組として戦い、倒れた。
かつて、幼少の頃から一緒に道場で育った二人は、最後まで新撰組として戦い抜いた。
その事実を聖杯からの知識として知ることになった沖田は第2の新撰組で何を思うのか。